上田の住処02

こんにちは。

前々回お伝えした壬生の住宅の現場レポートです。

今回は、左官工事編。

毎度お世話になってる私の実家・飯野左官の登場です。

実家の飯野左官は、現在弟が継いで7代目。

古くは、結城城の左官工事に関わったとかの書物があったとか無かったとか。。

まずは防水となるフェルトのシート貼りから、

ヌルだけが左官の仕事ではないんですね~。

建物をぐるりと包んで行きます。

続けてゴツゴツしたラス網を張って行きます!

モルタルの強度を高めます。

さらには、強度が弱くなりやすい開口部の角にも張って。

いよいよモルタルをコネて行きます。

大きなミキサーで一気に。

さあ!ヌリます。そしてヌリます。

まずは先ほど張ったラス網の上に1回。

そしてさらに表面が割れないようにファイバーネットを入れての2回。

続けて仕上げをヌル為に下地を整える上での3回目。

その後はシーラー塗りをして、いよいよ仕上げへ入って行きます。

仕上げ材としてジョリパットを使いました。

仕上げも一度下こすりをして仕上げるので、

トータル5回ヌるわけです。ホント頭が下がります。

 

そして今回は室内には珪藻土をヌルことになりました。

七輪にも使われている材料で調湿効果のある自然素材です。

作業は夜遅くまで続きました。。

お疲れさまでした。

ありがとう!

いよいよ完成間近です☆