今年も『結い市』がやってくる

こんにちは。

心配していた台風も過ぎ去り、今週は青空が広がる秋らしい天気となりましたね。

 

今年も「結い市」の季節がやってきました☆

 

今回はNIDOのことではなく、僕が地元結城で活動している「結いプロジェクト」の事について書きたいと思います。

 

今から4年前に結城をもっと知って欲しいという思いで

「結いプロジェクト」というチームを結成しました。

城下町として栄えた結城市は、紬問屋の豪商が集中し各種商店が軒を連ね商業の町として栄えてきました。現在でも市内には城下町のなごりが残っていて、神社や寺院・歴史的な建物等が点在し、曲がった道路や路地が数多くあります。

車での生活が中心となった現代では、とても不便に感じることもありますが、通りを歩くと日々の営みや暮らしを垣間見ることができ、人々の生活が溢れています。そんなありのままの街の魅力を知って欲しいという思いから「結いプロジェクト」を結成しました。

「結いプロジェクト」は結城市を舞台に人と人との出会い、場所やモノの縁を結ぶプロジェクトです。茅葺き屋根の葺き替えや田植えなどの作業を協力して成し遂げることを意味する「結い」という言葉になぞらえ、20代30代が中心となって活動しているまちづくりグループです。職種も様々、僕のような建築に関わる者だけでなく、市役所・商工会議所からデザイナー、社会人、学生、結城紬の織り子まで、互いの立場を尊重しそれぞれのスキルを発揮できることが結いプロジェクトの良さです。

市内にある健田須賀神社では、結城郷一帯の商店が中心となって、春の代々神楽や夏の盆踊り、そして秋の例大祭「健田まち」など盛大に盛り上げていました。このような結城と結びつきが強い神社で、再び人々が集うことを想い、結いプロジェクトでは『結い市』を企画しました。

今年で4回目を迎える「結い市」は健田須賀神社を中心に北部市街地全体が会場となります。結城の歴史的な街並み、地場産業を中心とする営み、暮らしといった街の魅力と、様々な人・モノの結びつきをみんなでつくるお祭りです。健田須賀神社の秋の収穫祭にあわせ、神社の境内や見世藏、酒蔵、空き店舗など、市内の魅力的な空間がマルシェやアート空間、コンサート会場として生まれ変わります。

歴史ある街の魅力と私たちのいまが重なり合うことで、日々の暮らしが透けてみえてくるような特別な二日間。

結い市を通して見えてくる結城の様々な街の表情を探しに、是非お越し下さい☆

 

 

『結い市』

2013年10月12日・13日

茨城県結城市 健田須賀神社ほか市内各所

12日(土):11時〜18時30分

13日(日):11時〜19時30分

各プログラムの詳細や最新情報は結い市公式ウェヴサイトをご覧下さい。

結い市特設サイト→http://yuiichi.com

 

また結いプロジェクトは、結い市の他にも各種イベントの企画運営をはじめ、空き店舗を改装したギャラリー「ゆいのわ」の運営、地域資源を活かした商品開発など様々な活動を行っていますので是非ご覧になって下さい。

結いプロジェクト公式ホームページ→http://yuipuroject.jimdo.com