西之宮の住処04

こんにちは。

今週末も雪になりましたね。

積もらないことを祈るばかりデス。。

 

気を取り直して今回は西之宮の住処の工事の様子をレポートします。

IMG_4231

間口7m×奥行き20mとまさにウナギの寝床といった敷地。

さらには南側に3階建ての建物があって、中々採光を確保することが難しい敷地となっています。

でも城下町として栄えた結城の歴史を感じされてくれる敷地なんじゃないかなと思っています。

上棟を終えた建物は、シートで覆われていました。

 

IMG_4208

屋根の上に登ってみました。

今回の建物は天井高さが3mある南側の部分と2階建てになっている北側の部分で構成されていて、北側の二階の窓から光を取り込み、下の階へと導く試みです。

写真に映っているのは、3m天井高さがある南側部分の屋根です。

 

IMG_4213

屋根の上から見える結城の街並。

古い瓦屋根が連なっていて、歴史を感じさせますね。

改めて良い街だな〜ってしみじみ。

 

IMG_4212

振り返ると去年リノベーション工事をさせて頂いた結城の見世藏が見えて、ちょっと嬉しくなってみたり。

子供の頃から屋根の上に登るのって特別で大好きだったなー。

・・話がそれてしまいましたが、今度は内部の様子を。

 

IMG_5502

天井高さが3mあるリビングです。通り添いからは窓を小さくしたので、庭に面する東側の窓は最大限に大きくしました。開放感抜群ですね!

 

IMG_5505

天井高さ3mあるリビングと北側の2階建てになっている部分が空間的に繋がっている様子がわかるかと思います。日の当りにくい下の階へ光を導きます。

 

IMG_4537

断熱材が入り、下地となるボードが張られました。いよいよ家らしくなってきましたね。

それではまた次回、工事の様子をお伝えします。

ありがとうございました。

 

 

 

 


カテゴリー: 未分類   作成者: iinokatsutoshi パーマリンク

iinokatsutoshi の紹介

茨城県結城市を拠点とする建築設計事務所です。 事務所の名前のNIDOはスペイン語で動物の“巣(住処)”を意味します。 生き物たちは自然環境から身を守る為に、身の回りにある木や土を上手に使い自分たちの住まいを作っています。 私は住まいをつくるという素直で純粋な行為を大切にして行きたいと思い地域や風土に根ざした貴方だけの暮らしのカタチを提案しています。 無垢材や左官などの自然素材や、鉄やタイル、ガラスなど素材感のあるシンプルな空間づくりを心がけています。 是非お問い合わせ下さい。 ウェブサイト:nido-arch.com/ Facebook: https://www.facebook.com/nidoarch/ Instagram: https://www.instagram.com/nido0508/ サービス内容: ガレージ設計, キッチン設計, サステナブル建築, スマートハウス, デッキ設計, バリアフリー化, バルコニー設計施工, パントリー設計, ポーチ設計施工, ホームシアター設計, ユニバーサルデザイン, リノベーション, 狭小住宅の建築, 空間設計, 建築設計, 古民家再生, 子供部屋のデザイン・設計, 住宅設計, 省エネ住宅, 設計図, 増改築, 耐震診断, 耐震補強, 二世帯住宅, パティオ設計施工, 注文住宅, 住宅診断 対応エリア: 茨城県, 栃木県, 群馬県、千葉県、埼玉県、東京都 受賞歴: Coworking & café yuinowa いばらきデザインセレクション2018 選定