繁昌塚の住処06〜完成写真Part-1〜

こんにちは。
7月に入りました。梅雨明けまでもう少し!
僕が住んでいる結城市も夏祭りの季節がやってきました。

先月の事になりますが繁昌塚の住処が完成を迎え
無事に引き渡しとなりました。
完成写真が出来上がりましたのでUPさせて頂きます。

外観01
外観正面です。屋根がひらがなの“こ”のカタチをしています。
“こ”の字に包まれた場所はダイニングやリビングと繋がるデッキになっています。

 

IMG_3568デッキスペースの壁は、左官仕上(ジョリパット)です。
ダークブラウン色のガルバリウム鋼板の外壁と対比させて明るい色を選びました。

 

IMG_2162デッキスペースの様子です。デッキの手前に屋根がかかっています。

“こ”の字に包まれたデッキは、開放的で安心感のある場所を目指しました。
手前にかかる屋根に夏場は簾をかけて面白いかもしれませんね。
なんとなく建物にくっついているデッキではなく、部屋の延長のように使ってもらえたら嬉しいです。

 

 

IMG_2167デッキから空を見上げました。
天気がいい日は気持ち良さそうですね!

 

IMG_3582

 

 

つづけて内部の様子です。

IMG_2287玄関の様子です。玄関からつづく右手のスペースは土間収納になっています。

 

IMG_2235

 

 

 

IMG_2216

 

IMG_2230リビングスペースの床はメープルの無垢材を使用、壁や天井は珪藻土となっています。自然素材をふんだんに使用した内部はやさしく明るい空間になりました。

 

IMG_2213
キッチンからリビングを見渡した様子です。
大きく開けた開口部が室内とデッキを繋げます。
また、写真の左側にある黒い壁ですが、黒板になる予定です。
写真の状態はマグネット塗料を下地に塗った状態。
この上にお施主様自ら黒板塗料を塗る予定です。
家族のコミュニケーションツールとしての黒板。
どんな使われ方をするか楽しみですね♪

それではまた次回。
お施主様が選んだこだわりのアイテムも載せていきたいなと思います。

 

 


カテゴリー: 未分類   作成者: iinokatsutoshi パーマリンク

iinokatsutoshi の紹介

茨城県結城市を拠点とする建築設計事務所です。 事務所の名前のNIDOはスペイン語で動物の“巣(住処)”を意味します。 生き物たちは自然環境から身を守る為に、身の回りにある木や土を上手に使い自分たちの住まいを作っています。 私は住まいをつくるという素直で純粋な行為を大切にして行きたいと思い地域や風土に根ざした貴方だけの暮らしのカタチを提案しています。 無垢材や左官などの自然素材や、鉄やタイル、ガラスなど素材感のあるシンプルな空間づくりを心がけています。 是非お問い合わせ下さい。 ウェブサイト:nido-arch.com/ Facebook: https://www.facebook.com/nidoarch/ Instagram: https://www.instagram.com/nido0508/ サービス内容: ガレージ設計, キッチン設計, サステナブル建築, スマートハウス, デッキ設計, バリアフリー化, バルコニー設計施工, パントリー設計, ポーチ設計施工, ホームシアター設計, ユニバーサルデザイン, リノベーション, 狭小住宅の建築, 空間設計, 建築設計, 古民家再生, 子供部屋のデザイン・設計, 住宅設計, 省エネ住宅, 設計図, 増改築, 耐震診断, 耐震補強, 二世帯住宅, パティオ設計施工, 注文住宅, 住宅診断 対応エリア: 茨城県, 栃木県, 群馬県、千葉県、埼玉県、東京都 受賞歴: Coworking & café yuinowa いばらきデザインセレクション2018 選定